カードローン

更新日:2017/03/29

子どもの努力に応える教育ローン


ブラックコーヒーで眠気を覚ましながら机に向かって努力している受験生。そんな子どもの姿を見ながら、預金通帳とにらめっこしている親御さんも多いことと思います。進学を希望する子どもがいる家庭は、教育ローンを受けることができます。教育ローンは国や銀行が学費や入学金などの教育資金を融資するもので、他の用途には使えません。

また返済不要の奨学金などとは違い、あくまで融資であるため返済をしていかなくてはなりません。ただし他ののローン商品と比べると低金利で返済しやすいように設定されています。その分審査には条件がある場合が多く、普通のローンよりも厳しめであるとされています。世帯主の職種や年収、勤続年数から他のローンの有無や支払い状況などが審査によって細かくチェックされます。

せっかく申し込んでも条件と合わないと審査に落ちてしまうので、時間の無駄にならないように借り入れ条件はよく確認しておきましょう。金利としては国の教育ローンが一番低く利用しやすいのですが、一定の年収を超えると利用できないという条件もあるので、年収に上限が設けられていること頭の片隅に置いておきましょう。

また上限額に関しては銀行の教育ローンの方が高いところもあり、審査も銀行の方が通りやすいと言われています。条件や目的に合わせて一番よいものを選びましょう。




融資審査で重視される信用情報とは


キャッシングやおまとめローン の融資審査では金融商品の利用状況を記録した個人信用情報がどのようになっているかがとても重要なポイントとなります。

日本には複数の信用情報機関が存在しており、それぞれでクレジットカードやキャッシング、住宅ローンなどの目的別ローン、さらには携帯電話端末の分割払いなど、様々な商品の利用情報や支払いの状況が記録されています。融資審査では例外なくこのような信用情報を参考にしますので、年収の金額が高ければそれでOKということではなく年収の金額に対して現場の借り入れ金額どれくらいのということも重要となります。

また過去に金融商品の長期滞納や強制解約などの記録が残っていれば、年収がとても高く他社利用がほとんどない状態であっても審査に通過しにくくなってしまいます。自分の信用情報がどのようになっているか気になるときは、手数料がかかりますが、開示請求をして情報を取得することも可能です。




たくさんあるキャッシングの中で、特に注目すべきはレイクです


急な出費が続いたり、給料日前に財布が寂しくなった時など、お金が必要になることがあります。そんな時に便利なのが電話1本で借り入れができるキャッシングです。パソコンならクリック1発で借りることができます。そんな便利なキャッシングですが、色々な金融会社が発行している中で特に注目したいのが、レイクなんです。

どこが注目なのかというと、かつてレイクは消費者金融として営業していたのですが、経営権を新生銀行に譲ったために今では銀行系のキャッシングになっているんです。そのため他の銀行系とは違って、消費者金融なみのサービスをしているんです。レイクの強みは何といっても総量規制の対象外だということです。総量規制というのは年収の3分の1までしか借りることができないという、国で決めた規則なんです。これは消費者金融が対象で、銀行は対象外なんです。

レイクの場合は消費者金融なみのサービスを実施していながら、総量規制の対象外なので、年収に関係なく利用できるわけです。これはレイクだけの強みであり、注目すべきメリットなんです。ですから消費者金融で総量規制に引っかかってお金を借りることができない人は、レイクを利用すればお金を借りることができるんです。




過払い金というのは会社でも


会社であろうとも過払い金というのが発生することがありますから、注意しておきましょう。とにかく専門的なことになりますから、かなり大変なことになります。会社というのは様々な投資や資産運用をしていることがありますが、逆にお金を借りていることもあるのです。

中小零細企業においてはキャッシングを代表者が個人的にやって、それを資金にしている、ということもないわけではないのです。そうしたときには過払い金が発生していることがありますから確認してみるとよいでしょう。会社の代表者、つまりは社長などが個人的に投資をしていることがあるでしょう。

もっとも安定している投資先とされているのが国債です。特に日本国債は満額が確実に保証されていますから、非常に良い投資先として期待されているのは確かであるといえるでしょう。どうしても投資というのはリスクをとりたくないと思うことでしょう。そのために日本国債に目を向けることは正しいといえるでしょう。




カードローンの様々な返済方法


即日融資を受けるための【3つの条件】:キャッシング&カードローン共通という借りるための条件がありますが、返す時にも条件とは 言わないまでも、決められた方法があります。

カードローンの返済方式には様々な形態があります。主な返済方式は元利金等返済、元金均等返済、残高スライド返済、リボルビング返済などですが、その他にもいろいろな種類があり、またそれぞれの金融機関によって返済方式が違うので、それも目安に自分に合った金融機関を利用するとよいでしょう。

中には自分で返済方式を選べるものもあります。元金均等返済は毎回の返済額を元金を均等割にした額と利息の合計とする返済方法です。最初のうちの返済額は多いですが、元金の減りに比例して利息分が減り、後になればなるほど返済額が小さくなっていきます。元金が均等に減るため、元利均等返済と比較すると利息総額(=返済総額)が少なくなるのが特徴です。

元利均等返済は毎回の返済額となる元金と利息の合計を、返済開始から決められた期間の終了まで均等とする返済方法です。毎回の返済額が一定であるため、計画的な返済が可能ですが、最初のうちの返済額の利息の割合が多く、元金の減りが遅いため、元金均等返済と比較すると利息総額が多くなってしまいます。

残高スライド返済は借入残高に連動して返済額が増減する返済方法です。この月々の返済が変わるタイミングは各金融機関ごとに違いがありますので、自分に合った金融機関を選びましょう。この方式のメリットは月々の返済額が最低限で済むことです。リボルビング返済は月々の支払金額を前もって決定しておき、月々の返済額と利用合計額により最終的な返済回数が決まっていく返済方法のことをいいます。

わかりやすく言うと、通常の分割返済では利用額、支払回数によって毎月の返済額が決まるのに対し、毎月の支払額をあらかじめ決めておき、利用金額によって返済回数が決まる返済方法がリボルビング返済というものです。上記の残高スライド方式もリボルビング払いの一種です。




住宅ローンや審査に関する紹介です


住居を購入する機会に関しては、人生を送る上で一度はあります。ただし、多くの金銭を支払う事になるので、十分に吟味をした上で購入する物件を選択する事が大切です。購入費用を一度で支払えない方については、住宅ローンを組むのが一般的となっています。住宅ローンを組むといっても、数多くの金融機関が提供しているので、インターネットで情報を集めてから契約を結ぶ事が重要です。

また、数千万円の借り入れとなる場合が多いので、必ず審査を受ける必要があります。安定した収入があって、尚且つ、勤続年数が長い方であれば、滞りなく審査に通過をする事が可能です。契約を結ぶ時に不明な点などがある際には、必ず従業員の方に質問をして解決を図る事が重要となります。疑問を解消しておけば、契約後においてトラブルを招く事がないので安心です。住宅ローンの返済期間については、支払った頭金によって違いがありますが、基本的には長期化します。

そのため、生活費が不足しない程度の返済計画を作成する事が求められます。これが、返済で苦労をしない為の秘訣なので、意識しておく事が大事です。住宅ローンを組むことのメリットは、税金面において優遇される事が挙げられます。そのため、税務署に訪れて所定の手続きを行う必要があります。職員の方が丁寧に説明をしてくれるので、税金に関する基礎的な知識がなくても差し支えはないです。こういった事を実施しておけば、家計の負担を減らせます。